ミドリイロ

      
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | |
心は見えない
笑うといいよ何でもいいからさ

きみはきっと少しだけ混乱中

届かない事に飽きたんだろう?
そうだね、きみにはきっと届かない
いつまで経っても臆病で、手を伸ばさないから
きみの欲しいものには届かないんだ

混乱は解けたかい?

街を見つめれば、大抵ぼくらのまわりには
死んだ目たちがうろついている
媚びた目だってごろごろと

きみはそんな事が嫌いだって
いつまでも、閉じ篭っている

そんなきみの目はとても楽しそうだから
ぼくはそれで良いことにした
| ユコ | 02:24 |
術がない
最後の音だけズレたから、少し
彼女は嫌な顔をした

その綺麗な手は何を綴るのか、と聞くと
彼女は笑って言った
わたしが書くのは数字だけよ、と

失いたい
失いたい
彼女はいつも思っている
最近は言わなくなったけれど
失いたい
失いたいって、
ずっと思っているはずだって

僕は彼女と遭遇しない温度にいる
その心臓だっていつ止まるか分かりゃしないさ
| ユコ | 09:16 |
お知らせ #3
言葉を連ねたくなり、
ひっそりと戻ってきました。

生きることが重いから、
ちょっと息抜きをしたいのです。
| ユコ | 09:00 |
足りない、

表情を笑顔にする意味とは何だろうか

僕は、いつの日も虚ろな目


きみはと言えば、心が不安定

どうしても間を気にしてしまうって言う


幻に

ぼくらはそれぞれ戸惑っている


あの本に書いてあったのは

何て言葉だったかな

きみとの思い出だって

すぐに消えるさ


幻の天辺にいるのだから

ここから落ちていったって

きみは消えたって

ぼくは消えたって


意識を思い出せば

今からだって全て同じ感情になる

| ユコ | 22:42 |
こぼれる
僕は今日
誰の表情をして
嘘をつくんだい

悲しんだフリしたって
きみには届かないし
きみは見ない

叫びは届かないの、
誰にも届かない
当たり前でしょう
この世界は全てが無関心

曖昧な距離で
僕はいつまでも
戸惑った表情

なんて楽しくもない話
狂ってもないから
僕はいつまでも笑えないまま
きみの夢を
見ちゃったりするんでしょう

感情がこぼれる
何も見たくない
全ての
音としてあるもの
消去の切れ味が落ちる前に

deleteを押すだけ
| ユコ | 23:33 |
要塞19
戻れない。
私はいつまでも囚われている馬鹿者よ。
そして生きていない。
あの頃はどうだったか?
美化は止めると良いのに、
いつの日も過去は美しい。

覆せばいいのに。
何もかも、何もかも。

もうこれは現在の問題であるだけ気楽だ。

あの図書館の中へ戻りたい。
戻れ。
戻れ。
| ユコ | 21:00 |
無意識+私
尖りが足りない。
徐々に私の棘がなくなってゆく。
ああ。適応しなくちゃならないのか。

嫌い、世界なんて。

考える事を蔑ろにしがちな人がいて、
もっと動けば眠れるよ、なんていう事を易々と。

不安定なのは知っているけれど、
私は絶望的ではない。

私に希望があるかと云ったら、
それは肯定出来ない。
いや、どこか無意識下に?

意識の不安定さを支えているのは
それなのか?

私の心だって頑張っているのだ、
だからまだ、狂いもせずに
八方美人で居られるのか。

笑顔は優しくない。
口角の角度によって成される。
もう、あくび出るかもしれない。

泣き顔は、つまらない。
自分のためには泣きたくない。

本当に悲しいときなんてそうそうない。
本当に楽しいときだって同じくらいない。
平坦が良いと云う訳ではない。

私は、不安定がちょうど好い。
| ユコ | 01:21 |
カテゴライズの無意味さを味わう
明日世界が終わるという事になった。
私は隣の男に一緒に散歩をしようと云われた。
公園が近くにあったのでそこに行くことにしたのだ。

そいつは何も喋らない。
私も何も喋らない。

その空気は、ゆったり流れていた。
しかし虚構なのは知っていた。

それは夢の中。
明日はまたやってくるし
そいつは存在する訳もない男である。
そもそも男だという事が話的にベター。

そいつは傘の柄を振り回しこちらを見て笑った。
私はそれをちらっと見つつ、走って逃げた。

そこで目が覚めた。
つまらない夢であった。
| ユコ | 01:06 |
凝視するそれら
私には余裕があるの、嫌になる。
余裕は何も生まない。逆に殺してゆく。
絶望しろ。私よ。
這いつくばってでも
その騒音を引っ張れば良い。

「幸福そうで、良かったわ」

分かってはいないなと思うのにはもう飽きた。
反抗したって結果は虚しくなるにすぎない。
ああ、ああ。
私は生きているけれど、生きていない。

その音を聴き続けたって
何も変わらないのだ。
音楽に癒される日々も過ぎた。

私は。
一体何に恐れているのか。
幸せになりたいのか?
違う。
取り除けないものがこの世にあると云うこと
それに気付くのが遅かったのだ。

私は。
こんなところで何をしているのか。

縛られるな、
何もかもに。
| ユコ | 00:54 |
息を
別に消したい訳ではない
論理に恐れをなした訳でもない

取りあえずの割合で汚れてしまおうか

その楽器の音は調律が狂っているから聞きたくない
繰り返すメロディが居場所は何処だと云っているようだ

今日は乾いた可愛さが足りない瞳が笑う

人形が天井を見上げた、その先に何が有ったって
ぼくには関係ないからな、って呟く

揺ら揺ら、きっと楽に欠片を残したいだけ
色は愛想によって消されたけど
見惚れた時間はゆっくり希望を消すのだ、
本当さ、有限の世界は患ったままのひとたちの溜まり場
ぼくもその一人なのさ
| ユコ | 02:52 |
Page: 1/3   >>
Material: COZY×COCORE
Template: nonnon
Log in