心は安定せず | ミドリイロ

      
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | |
Entry: main  << >>
心は安定せず
感情が吸い込まれるテレヴィジョンの光景
数えるきみの指 3,2,1...あれ?
不思議な声なんて聞こえないってば
それをいつまで引き延ばそうとするの

視線の先には一人のしかめっつら
機嫌が悪いの?
勝手にしていれば放っておくわ
その癖が幼すぎて
わたし自身さえバカらしく思える

その扉の鍵はかけたから
どうしたって意味がないわ
中に入っているのは
本当はきみ

感情論のゆれ
それはきみの成分
範囲は6畳程の部屋
わたしの愛の告白は
素晴らしく下らない
どちらかと云うと
面倒なので放っておくのよ

夢見がちなきみの声は
上っ面だけキレイね

鋭い分析とかしてくれるひとは
もう居なくて皆適当に甘い

憂うつの向こう側には何も見えない
わたしは窓の中にある何かに縋りつく
途切れた機嫌は下らなく
項垂れたまま生きている
| ユコ | 03:26 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 03:26 |
Material: COZY×COCORE
Template: nonnon
Log in